2021年10月16日(土) ”みずき野秋を楽しむ会” に守谷市シルバーリハビリ体操指導士会も体操出演  
  狐の嫁入りを思わせるお天気でしたが、みずき野ひろばには秋を楽しむ会に朝から大勢の人々が繰り出しました。 
久しぶりに顔を合せてどなたも笑顔で話が弾んでいました。
 

芝生地には特設の舞台が設けられ、太鼓、三味線、
笛などがお祭り気分を盛り上げました。

午前の部がスタートです。
和楽器演奏の後は、指導士会の出番です。
オレンジのシャツが緑の芝生地で映えました。

肩痛・肩こり予防の体操で大胸筋のストレッチ。

指を組んで前に腕を伸ばし、そのまま上に引っ張られるように
上げて、手のひらを頭に置いたら、そのまま頭の後ろにあて、
両肘を張って胸を広げます。

歩く能力を高める体操で、肘・膝タッチ。

肘に近づけるように膝を左右交互に持ち上げ、小林 保 指導士の号令で、
一緒に1,2,3,4

同じ体操で、上体を捻ります。
号令で1,2,3,4
こちらも歩く能力を高める運動で、膝を高く上げて足踏み体操。
みんな元気に1,2,3,4


女性アーティスト5人のクラシック五重奏で午後の部がスタートです。

[となりのトトロ]や[パプリカ]のメロディーと共に、ステージから降りて皆さんの近くで演奏。
子どもたちは近寄り、曲に合わせて踊り始めました。

午後の部でも指導士会はシルバーリハビリ体操で参加しました。
 
 ビデオはこちら  
     
     
 
 
 記事・写真・ビデオ:  原田義徳、大山徹郎  
 編集:  中谷町子