避難所設営体験  
12月20日北守谷公民館で、「北守谷地区まちづくり協議会」
による避難所設営体験が41名の参加で、コロナ禍対策のため
3グループにわかれ行われた。
守谷市シルバーリハビリ体操指導士会から4名が参加。
内容はダンボールベットおよび避難所用屋内。テント(2種類)の
組み立て
  
< 全員集合 >   
 

 




まちづくり協議会鈴木会長のあいさつ。


佐藤防災部会長から設営体験のやり方について説明 がされた。
 


 




守谷市シルバーリハビリ体操指導士会の
上野さん・山田が「設営体験の指導」で参加。






















同じく小西さん・若山さんが「体験者」として参加
 < ダンボールベットの組み立て >  
 











3つのパーツを取り出し、いよいよ組み立て開始です。

小西さん、若山さんの姿が!!













まずはベットの台を3個作ります。
 

 






ベットらしくなってきました。
















出来上がって、若山さん「一休み」。
 < 骨組みテントの組み立て >  
 


  





まずはテントをひろげます。

    ここにもお二人が!!















 
今度はテントの骨を差し込みます。
   小西さん頑張っていますね
 








屋根に骨を通して、
 
  テントらしくなってきました。















完成しました。
  家族3人が入れるスペースです。

上野さんの姿がみえます。

 < ホップアップテントの組み立て >  
 











 ポップアップテントは袋から取り出すと、一瞬でひろがります 。
















あっという間に
   テントが出来上がりました。
 


 





ただし仕舞うのが大変。

 元の円形に戻します。















悪戦苦闘の末、
  やっと元の円形になりました。


お疲れ様でした。
 今回は北守谷地区まちづくり協議会の
防災・防犯・交通安全部会が中心となり、実施しました。
ここで体験したことを、もし避難所が開設された場合、役立てて下さい。
 
 
 < 参加者の内訳 >  
   防災・防犯・交通安全部会 14名
    その他のまちづくり構成員 18名 
   学生(シェアハウス)・  4名
   見学者(薬師台2丁目)  2名
   市役所・社協職員  3名
 合計  41名
 記事、編集  山田 博(HP委員)
 写真提供   北守谷まちづくり協議会