皆様こんにちは
 
 昨年1年間はコロナウィルス感染症に明け暮れ、今年に入りましても、まだまだ終息する予測が出来ない状態が続いています。

 今は、自分、自分の家族、周りにいる友人たちを守るために「うつらない」「うつさない」を心がけましょう。
 そして今、私たちが出来ることは気を緩めることなく、感染しない、感染を広げないための行動をとりましょう。

 その為には、三密を避け、感染予防のポイント(マスク着用、検温の実施、手指消毒、換気等)をしっかり守りながら、日常生活を送り、感染防止につとめて頂きたいと思います。

 私達が行っている、守谷市シルバーリハビリ体操指導士会も長い間活動を中止しております。

 コロナ禍のなか、特に私達高齢者は閉じこもり傾向にあり、閉じこもることによって体力がかなりおち、参加者がフレイル・サイクルにおちいり、少しの段差などで転倒、骨折、又慢性疾患の悪化をきっかけに、介護状態になる可能性がたかくなる事をとても心配し、一日でも早く活動が出来ることを願っております。

 家のなかでの運動は限りがありますが、体操教室で行っていたシルバーリハビリ体操を思い出しながら、毎日少しずつ体を動かしましょう。

 コロナにまけず

 【
 健康寿命と健康長寿日本一を目指してがんばりましょう!!
 

                守谷市シルバーリハビリ体操指導士会
 会長  光田 政枝