指導士だより


   22年度第1回学習会51人が参加(2022.5.31

雨上がりの肌寒い午後、市役所で第1回学習会を開きました。澤田勉会長代理は元気で長生き、元気で100歳を目指そうと挨拶。新研修委員6人を代表して大山委員長は、今年は4回、時間も十分とって勉強しようと呼びかけました。実技は床での体操。研修委員と1級指導士の動きと解説はスクリーンに映し出されるので解りやすく、メモをとるのも楽。研修委員会の知恵が光った学習会でした。


  夏の日に眩しい石下豊田城の天守(2022.5.28

夏日の午後、R294を下った。緑の田んぼの右手に筑波、遥か前方に日光連山が霞む。豊田城で駐車。ホール、図書室の上に5層の天守が聳える。長塚節の像と立派な歌碑。「垂乳根の母が釣りたる青蚊帳をすがしといねつたるみたれども」敷地内の農産物直売所で玉ねぎなどの野菜やナスとピーマンの苗を買う。一句即詠。「豊田城見上げてごくりレモネード」妻も気晴らしになったようです。 


   第36回もりや市美術展が開催中(2022.5.27

5/86/11交流プラザで作品が週替わりで展示されています。第3週は写真。フォトクラブ写遊とフォトサークル悠々のメンバー36人の72点は写真の魅力を伝える力作揃い。なかでも「朝日とヨットハーバー」「青空と雪景色」に注目しました。兵庫県西宮市と守谷市高野でのアイフォンで撮った作品。大先輩の郷原弘一は、彼は筋がいいですよ!成長が楽しみと暖かく見守っています。


    コジュケイを探せスタンプラリー(2022.5.26

市制施行20周年記念事業の一つ、デジタルスタンプラリー(5/106/10)が開催中です。市内20か所の壁面アートに守谷市の鳥が描かれていて、コジュケイを見つけたらスマホでQRコードを読み取るとスタンプが押される仕組み。自転車で20か所を周った友人の話に刺激されて、昨日と今日挑戦。道に迷って通りすがりの中学生や小学生に助けて貰いましたがお陰で初志貫徹です。


  「健康紙芝居」を中学生が演じた(2022.5.20

5と中2が来て我が家で夕食。その後「健康紙芝居」を見ていたら、中2がやらせてという。観客3人を前に絵を翳して語りを入れる(初めてなので棒読み)。9枚目は「メタボの判定」。女性の腹囲基準が甘いのは、女性はかわした脂肪が多いからです(皮下という言葉を知らなかったようだが笑いをとった)楽しい雰囲気に妹もやってみたい!紙芝居の目的と内容が分かるとできると思った。


   大相撲夏場所33人で乱戦模様2022.5.20

13日目。一番手の隆の勝が負けて佐田の海、照ノ富士と3敗が3人。結びの一番。貴景勝に猫だましの奇襲を食らったが横綱は冷静だった。川柳作家から見た大相撲は。/ううう、らー呼び出しさんも一苦労(大阪・ださい治)/横綱のまっとう相撲ホッとする(大村・プヒッ大)/四股名ほど奇をてらわない行司の名(福岡・小杷瑠都)/「腹一杯食える」で弟子が来た昭和(倉敷・中路修平)


   1年で背丈が10cm伸びた中22022.5.17

思い出す歌。/青空へ竿を渡してていねいに子は伸ばしゆくガーゼの産着/わが腕に重くなりゆくみどり児の寝息に合わす揺りかごのうた/かけっこのスタートラインの1歳児一人が泣けばまたひとり泣く/「ばあちゃんのおでこはうみだ」2歳児が仕上げに描いたなみ線二本/「じいちゃんはたからものだ」と5歳児が負ぶさりながらわが耳へ言う/一回り大きくなった5年生鏡に映す朱色の浴衣


     第2回ホームページ委員会を開催2022.5.13

雨が降りしきる午後、市民活動支援Sに菅野委員長ら9人全員が集合し定例の委員会を開きました。@作業項目と役割分担A利用者活動実績集計表の処理などについて相談。審議時間不足のため5/17午後北守谷公民館で再度、持ち越しの会議をしました。@はPCとスマホの作業での負担軽減をはかるAは山田博委員が全体の集計を担当。6/6の連絡責任者会議に報告した後スタートします。


   芍薬が見ごろ!駅西口通りの花壇(2022.5.12

守谷駅西口通りのアイビスホームの前の花壇にいま、芍薬が咲き誇っています。淡い紅色の花と純白の花。立ち止まって見ていく人や写真を撮る人もいます。白い花の株には丸い蕾がいっぱいで次々と咲く気配。花壇の手入れをするアイビスの女性の方をときどき見かけますが今年も立派な花を咲かせてくれてありがとう。「緋芍薬さします毒をうけしより友のうらやむ花となりにき/与謝野晶子」


   「つばさ会」が健康紙芝居を開始(2022.5.12

朝の原自治公民館に指導士4人と参加者9人が集合。大山が5/24の介護予防講演会のお誘いのあと「いっぱつ体操」から始めました。休憩時間には武田が「まずは検診」と「メタボ・フレイル予防」の健康紙芝居を上演すると、熱心に聴いていただきその後の会話も弾みます。鯨井が主婦目線の簡単で美味しいきゅうり漬けの作り方をてきぱきと伝授。いっぱつ体操の後半も楽しく締めました。


  戦争は国家が行う殺人と「断言」2022.5.9

井上ひさしが2011年に刊行した「一分の一」は、日本が4分割されてソ、米、英、中の管理下に置かれているところから話が始まる。その中に、国家が殺人を行う場合があるとして、密室における殺人を「死刑」といい加害者は「執行人」と呼ぶ。屋外における国家の殺人を「戦争」と称し、加害者は「兵士」と呼びかえられると。大義名分のない現在のロシアのウクライナ侵略を見こした如く。



  一行で為になる話郷州公民館教室(2022.5.8)

体操に入る前に宮本は、今日は何の日、渡邊は交通安全の話や映画の話をする。今日の渡邊は、葉加瀬太郎の演奏会で東京国際フォーラムに行ってきた話。中谷は友人に教えてもらった1〜1万の数字の話で1日一回笑う、十人と会う、百字書く、千字読む、1万歩歩くこと。宮本さん、今日は何の日ですか?母の日です。語呂合わせでゴーヤの日も。休憩時間にメモをとる熱心な参加者もいます。




  日常生活をそのまま川柳に詠んだ2022.5.7

夕方、中2が来て短歌1首と川柳8句を見せてくれた。詠んだのは自分自身、母親、じいちゃん、ばあちゃんなど連休のすき間時間に作ったと言う。秋だけか?私の食気年中無休/大切にとっておいたら期限切れ/「うちはうち」「よそはやってる」どっちなの!/いやなことあればいつでも神頼み/預かるよ二度と戻らぬお年玉/いびきより静かなほうが気にかかる/知人減り体力落ちて口達者/



   仲間達と久しぶりのランチタイム(2022.5.7

9人の仲間達とビール、ノンアル、ウーロン茶で乾杯してからお昼を食べた。顔を合わせての語らいも久しぶり。時間経つのも忘れて和やかな雰囲気に浸った。その後、今日用のない男2人で駅前の居酒屋にしけこんだ。獺祭の冷やにホッケの開きを突っつきながら半時、一時。店を出ると雨は上がりライトブルーとライトマゼンタの夕焼け空。充実した1日だったと日記に書いたような気がする。


   朝市開催で賑わう守谷駅西口広場2022.5.1

 30以上のテントが建ち並びフリマや飲食、ゲーム、キッズダンスなど、久しぶりに西口広場はお祭りのように大勢の人で賑わいました。なかでも、感動したのはMifa守谷市国際交流協会の皆さんの駅頭でのウクライナ支援の募金活動。時宜にかなった取り組みに連帯の気持でカンパをさせていただきました。次回の朝市開催予定日は6/5(日)。なにか良いことありそうで予定に入れます。


   守谷駅東口北に「ブランチ」開店(2022.5.1

4/28にオープンした新たな商業施設「ブランチ守谷」に行きました。5/8迄開店を祝う催しでお祭り状態。地酒本舗「美酒堂」、鮮魚・鮨の「山助」、肉の「大久保」、青果「フレッシュダイトー」などが賑わっていました。一推しは「山助」新鮮で値段が安い。でも、レジまで続く長い列を見て諦める。美酒堂では飲み比べ試飲のサービス。残念だがこちらも諦める。帰ると車が俺を待つ。



  中2と「余10年」を見に行く(2022.5.1

 「余命10年」を買って2日間で読み終わった。すごくよかった。読んでみる? 中2との会話。あれから1週間。今日イオンシネマに行った。始まると途中からぐんぐん引き込まれていった。主人公「まつり」と恋人「かずと」役の小松菜奈と坂口健太郎。映画が終わって「じいちゃん最初寝てたでしょう!」うん!原作と映画は必ずしも一致しないことがあるよと事前に言っておいたとおりに。