指導士だより

 

PC研修3日目・実践メール設定2021. 6.23

 午後の北守谷公民館に受講生9人、講師、サポーターら5人が集まって3日目の研修会開催です。お互いにテストメール開通を確認すると喜びの声が上がりました。電子メールでのPOPIMAPの違いも勉強。続いて、デジカメやスマホから写真をパソコンに取り込み管理する方法を伝授。あちこちで笑顔とできたー!の声。木々の緑が揺れて爽やかな風が全開の窓から入り爽快な気分でした。 

 
 時間経つの早い!PC研修2日目2021. 6.22

 椅子やテーブルの消毒を済ませて会場のセットアップ。菅野講師は昨日の復習から開始です。今日は、@エクスプローラーの画面からホルダーとファイルの作成Aインターネットの操作B電子メールの操作。エッジ、グーグル、インターネットエクスプローラーの使い勝手も学びました。受講者全員のメールアドレスを新しく作り送受信も可能に。楽しいわ!時間たつの早いと吉野良子は言います。

 
 「かいつかの焼き芋」で幸せ気分2021. 6.21

 帰宅すると、中1と小4が来て宿題をやっていた。小4に、今日は何の日か知ってる?と聞かれた。考えていると、夏至だよ!一番昼が長い日だって先生が言ってた。そうか!中1に名言を教わった。「優しさはときに人を傷つける」と。誰の言葉か?「夢の終りで君に会いたい」いぬじゅん/の本の中で見つけたという。頂き物の「かいつかの焼き芋」を3人で食べた。とびきり甘くて話も弾む。

 
 指導士のPC研修会がスタート!2021. 6.21

 梅雨晴れの午後、北守谷公民館で会員のパソコン勉強会が始まりました。応募した会員は9人。光田会長は、自分のため指導士会のためにも勉強しましょうと挨拶。菅野HP委員長は10年前に初めての勉強会を1年がかりでやったんです。解らない事は遠慮なく聴いてほしいと話しました。その後、最新のテキスト・ウインドウズ10でさっそく、170分間のパソコン基礎コースを始めました。

 
 JR東とJR西の車内サービス誌2021. 6.18)

 東京発北陸新幹線はくたか551号に乗って「トランヴェール」と「西navi」をじっくりと読む時間を取れた。前者はJR東日本、後者はJR西日本が発行の月刊誌で座席ポケットに入っている。自由に読み、持ち帰りもOK。6月号の奥付には、それぞれに通巻399号と76号。誌面が読みやすくて神経が行届いているのは断然、JR東。編集人・高橋拓也。どんな人かと知りたくなった。

 
 3回本部役員会を開きました!2021. 6.17

 もくもくと湧き上がる雲が青空を狭くしている午後、市民活動支援センターで第3回役員会を開きました。主な報告は、組織見直し検討プロジェクトの進捗状況、207コース会員と3支部長のフリートークなど。また、組織活性化のためにバーベキュー会、ハイキング、ボーリングなどを検討。教室・サロンの活動実態調査を行い基礎データの作成などを審議。熱い議論は17時まで続きました。

 
 幼稚園児・保育園児の似顔絵展示2021.6.16

 今にも降り出しそうな午後。イオンタウン守谷まで歩いた。館内の通路には、「お父さんの似顔絵・家族の似顔絵展示会」と銘打って、ひかり幼稚園、松山保育園、もりや幼保園など市内15か所余りの園児たちが参加。父の日を前に楽しいギャラリーになっていた。子供から見た一言欄には、お仕事を頑張ってる、遊んでくれる、目がキラキラしているなど、絵と言葉にも癒されたひと時だった。

 
 西口駅前フラワーロード目指して2021.6.16

 午後、守谷駅西口の階段脇の花壇で作業している女性が見えた。「もりや花のまちづくり」の賀久明美さん。12日の土曜日に6人で西口通りに、日日草を144ポット植えました。指導士の山田さんも来てくれたと言う。今咲いている赤と黄の花はエキナセアと言い薬草です。ユリオプスデージーの花が終わり、込んだ幹を剪定中。会うと花の名前や育て方をやさしく教えてくれる働き者です。

 
 指導士会の備品貸し出し体制整う2021.6.15

 瀬田、井出、亀山、光田、星野、中谷らが、シルリハ体操や傾聴のDVD,健康紙芝居などの貸し出しがスムーズにいくようにと、幾日も前から準備を進めてきました。学びの里倉庫内に管理棚を作り、見出しの貼り付けや貸出しノートも用意。ようやく、7月から、学びの里倉庫での貸し出しが始まります。作業に当たった6人は期待をこめて、皆さん、大いに活用し勉強してほしいと言います。

 
 広報委員会と組織見直しPJ開催2021.6.14)

 小雨にしっとりと濡れた紫陽花や木々の緑に包まれた北守谷公民館に午後、広報委員5人と組織見直しプロジェクトチームの5人が集まりました。一つの部屋でお互いに作業という珍しい恰好です。片や「ぱたか37号」のWeb入稿作業、片や組織見直しの議論とどちらも3回目の集まり。お互いに刺激され連帯意識で和気藹々のうちに進行。無事に入稿できましたと鯨井広報委員長の報告です。

 
 郷州公民館花壇にアカンサスの花2021.6.13)

 晴れて風爽やかなお昼前、郷州公民館教室に宮本攻ら指導士5人、参加者7人が集合。椅子1,いっぱつ体操、起立1などの体操を行いました。最後に久しぶりに嚥下体操も。やはり、マスクをしての嚥下体操は誰もがしっくりしないようです。花壇に花穂がびっしりとついた花を見つけました。中谷指導士も珍しい花と言います。後でしらべたら、キツネノマゴ科ハアザミ属のアカンサスでした。

 
 今日、指導士だより800回達成2021.6.12)

 2017年10月から始まったこのページは、いつしか800回になりました。「楽しみにしていますよ」の声に元気を貰います。たまに、中1が原稿を読んで文章チェック、助かったこともあります。午後は家で餅つき。手拭いで姉さんかぶりの中1生と2人で1キロのもち米を機械で搗き、あんこ、黄な粉、大根おろし、黒蜜などを添えて3家族に振舞いました。800回達成記念と託つけて。

 
 美術展に仲間のご家族の絵も展示2021.6.11

 もりや市美術展に指導士仲間の奥様の絵が展示されていると聴き、HP員会の後、皆で1階のギャラリーに行きました。星野指導士の奥様の作品は、「あじさい」と「孫」の2点。中でも「孫」は、深い愛情が注がれているのが、見る者に伝わってくる作品です。HP委メンバーの一致した受け止め方でした。そのほかにも洋画(油絵)鑑賞でいい作品に出あえて幸せな気分で帰路につきました。

 
 パソコン研修会の進め方で相談!2021.6.11

 真夏の日が照り付ける午後、市民活動支援Sにホームページ委員が集まって第3回HP委員会を開催。21年度PC研修会12回(6/217/8)について菅野委員長は、参加申し込み者9名、パソコン基礎(菅野)Excel(山田)Word(黒崎)など、カリキュラムや担当講師とサポーターの役目などの話をされました。研修会が体操日と重なるとき、皆さんのご協力をお願いします。 

 
 「いつか眠りにつく日」一気読み2021.6.11

 1が推奨の「いつか眠りにつく日」いぬじゅん・290頁を2時間で読み切った。主人公森野蛍と友人山本栞、蛍が切なく思っている大高蓮など。高校の修学旅行生を乗せたバスが東名高速道で事故に遭う。ここから話が始まる。死後の世界と現実の間に起こる出来事。最後のどんでん返し。「生きてる、って素晴らしいことなんだと思ったよ」のセリフに作者の伝えたい思いが集約されている。

 
 やることなくて暇そうに見える!2021.6.7

 夕方、中学1年生が数学の問題を教えてと言いい遊びに来た。問題を解くときの考え方だけ言うと答えは自分で出した。4冊の本を貸してくれると言う。いつか眠りにつく日/いぬじゅん。春、戻る/瀬尾まいこ。さくら日和/さくらももこ。昨夜のカレー、明日のパン/木皿泉。やることなくて暇そうに見えるんだけどには、流山、ヨークベニマル、ウエルシアなど、今日は7500歩と答えた。

 
 あじさいの花に囲まれた栄町教室2021.6.7

 午後の栄町教室には中島加代子ら指導士3人、利用者7人が集まりました。会場は守谷駅東口からほど近い明治神宮境内の栄町公民館。50畳ほどのホールを開け放して今日は、椅子の体操、いっぱつ体操、起立の体操です。体幹をひねる体操の時には、手水舎のあたりのひときわ色鮮やかな紫陽花が自然と目に映ります。15時半に終わって、境内の涼しい風を受けながら集合写真を撮りました。

 

「人生フルーツ」を見た人の手紙2021. 6.6)

 見たかったがうっかり。それは、4/18中央公民館で上映された。見に行った指導士がいた。以下は彼女からの文章。中央公民館で映画「人生フルーツ」を見た。昔建築家だった夫修一さん90歳と妻英子(ヒデコ)さん87歳、あわせて177歳の二人の穏やかで豊かな暮らし。風が吹くと、葉っぱが落ちる。葉っぱが落ちると、土が肥える。土が肥えると、果実が実る。コツコツ コツコツ。

 
 守谷市文化協会会員の美術作品展 X2021. 6.6)

 午後、もりや市美術展第5週目(6/66/12)を鑑賞。洋画(油絵)の「アトリエキャンバス」「アトリエ絵我楽」など4サークルの作品が70点余り。講師の作品も並んでいます。興味深かったのは女性がモデルの作品が15点ほど。タイトルは、ほとんどが「人物」「女性」など。その中で1人だけ、「ヴァイオレットの似合う人」がありました。素人には解り易い題名と納得しました。

 

大井川県知事から13人に感謝状2021.6.6

 県連合会総会のあと感謝状贈呈式が行われる予定でしたが、今年はコロナ禍で中止となり感謝状は会長宛に郵送されました。10年以上介護予防のために頑張った指導士に授与された知事賞は今回、浅沼智子指導士ら73コースの13人。雨上がりの午後さっそく、支部長3人が手分けして一人ひとりの家に感謝状を届けました。受け取った仲間たちの晴れやかな笑顔に、こちらも気分爽快です。

 
 4年生と引きこもり雨の日の読書2021. 6.4

 4年生が通う学校でコロナ陽性者が出て、昨日から休校になった。両親が仕事のため朝、勉強道具、ゲーム機など背負って彼女はやってきた。「グレッグのダメ日記」ジェフ・キニー作/中井はるの訳/を読めと言う。221頁を一気に読んだ。面白かった。続いて、図書館で借りてきた、井上ひさし「一分ノ一」上巻。445頁を90頁まで。こちらはもっと面白い。お昼の親子丼が美味かった。

 
 守谷市文化協会会員の美術作品展 W2021. 6.1

 図書館から交流プラザに移動。ギャラリーの梯子です。もりや市美術展第4週目(5/306/5)は写真。「フォトサークル悠遊」「とフォトクラブ写遊」の皆さんの作品が60点ほど。心に残ったのは郷原弘一「大洗海岸夕景」「雀の集会」、石橋憲雄「錦の競演」、岡本恭二「冬日を浴びて」など。「雀の集会」は日本画を思わせる異色の作品。色んなことに挑戦する心意気が伝わります。

岡本恭二個展 四季の里公園の彩り2021. 6.1

 午後、所要で市役所に行き、その帰りに中央図書館に寄った。ロビーに「フォトクラブ写遊」岡本恭二会員の写真が展示されていた(5/256/6)。テーマは「四季の里公園の彩り」。初夏から季節ごとの作品が並ぶ。この公園を朝の散歩コースにしている一人として年月を経ても新たな感動を覚える場面が少なくありません。歴史ある「四季の里」をさらに充実させたいと岡本は言います。