指導士だより

 
守谷小の離任式にむかう子供たち2021.3.31

 登校班がいつもの路地に集まって、4年生を先頭に出発。朝の光を受けて、家々の黄色やピンクや白などの花と木々の緑が柔らかい。小3に離任式の感想を聞いた。担任の若い男先生がいっぱい思い出を作ってくれた。優しくて怒るそのメリハリがいいという。次に好きだった女先生は、総合教育センターに行くのでさみしい。コロナや夏休みで半分も学校に行けなかったが中身が濃かったんだね。

 
個性を発揮したガイドマップ作り2021.3.30

 中央公民館のギャラリーに守谷中1年生50人余りの作品を展示中です。守中第1学年の総合的な学習時間のなかで、ガイドマップをA3用紙にまとめ上げた。守谷城址、常総運動公園、TX、八坂神社、アサヒビールなど守谷の見所はもちろん、外国人にお勧めのスポット、子育て世代が楽しめる公園、ホラーマップなど、それぞれに目の付け所がユニークで個性豊かな仕上がり。楽しく読んだ。 

 
 花むしろ市役所と中央公民館の桜2021.3.30

 午後、所用で市役所と中央公民館に行った。市役所の桜は風が吹くたび、勿体ないくらいの大量の花びらを振るい落としている。「ちる花はかずかぎりなしことごとく光をひきて谷にゆくかも」上田三四二の歌を思い出した。中央公民館の桜はこぼれて地面をピンクに染めている。花を見上げて黒内小に向かって歩いていく子供達と先生。一人の子が、花びらが回って落ちてくる!と奇声を発した。

 
3年生に聴くプログラミング入門2021.3.29)

 小学三年生に午後、プログラミング入門スクラッチ初級を教えてもらった。学校ではクラスの皆で体験しているという。「作る」ボタンを押してから、キャラクターを選び、背景を選ぶ。イベントボタンで、動きや音声など決めていく。一生懸命に教わったがついていけなかった。お友達と遊ぶ約束があると言い先生?は20分間の講義で帰った。面倒くさがりの人はやらない方が良いと言いつつ。

 

ウォーキングで交流シルバー人材2021.3.7

 朝、シルバー人材S前に会員ら40人が集まって、地域班・親睦会合同交流会が開かれました。メインは10時出発の3班に分かれてのウォーキング。桜満開、柳青む、守谷沼〜城址公園を歩いて90分、6000歩。40人全員が無事に踏破です。お楽しみ抽選会の豪華景品?と折詰弁当が待っていました。指導士会からは、6人が参加。朽木指導士が1等を引き当てて会場は盛り上がりました。 

 

指導士会の総会議案書出来上がる2021.3.6

 朝、市民活動センターが開くのを待って光田会長ら4人が、2021年度総会議案書を印刷。35ページの原稿すべての印刷と封筒への宛名ラベル張りを完了しました。午後、6人が加わり10人で袋詰め、15時には各班別にまとめられてそれぞれの支部長が各班長に届けました。大山指導士(1班班長)の家のそばの愛宕中の校庭の桜はいまが満開。独り占めで目の保養をさせてもらいました。 

 
 しばらくぶりの体操で筋肉が痛い2021.3.5

 話題は桜の開花とコロナのワクチン。つばさ会は指導士鯨井・武田と参加者10人。緊急事態宣言が解除され、3か月ぶりに3/11から始動。今朝は3回目です。筋肉が痛くなった方いますか?の問いに、4〜5人の手が上がりました。誰もが鈍った体を意識しながら、いっぱつ・椅子・起立などの体操で体を解しました。玄関口の「ぱたか」の幟旗を揺らしてホール内にも春の風が流れました。

 
 臨時役員会で総会準備と資料確認2021.3.3

 ようやく花が重たそうに開いてきた市民活動支援センターの桜。午後、2回目の臨時役員会を開きました。総会は4/13、中央公民館ホールで1330分開会。役員、各班長は10時集合。また、総会資料の表現が適切か、誤字脱字がないかなど1ページずつ25ページの資料を10人の眼で追いました。3/26印刷予定。10日前には会員の皆さんに届けたいと役員一同意気込んでいます。

 
 第74回守谷小卒業記念アルバム2021.3.21)

 守小での6年間の思い出が詰まった、アルバムと文集「絆」を読んだ。1〜5組の155人と80人の先生たち。原稿用紙2枚分に学校での忘れられない思い出や夢を綴る。子供達を真ん中に父兄と教師が支えた学年運動会、手袋をしての鬼ごっこなど、コロナ禍に負けない逞しさ。プラナリアの研究を夢見る子、小説家を目指す子は、ごん狐の話の続きを考えている。子供達から学ぶことは多い。

 

 中央公民館で守谷中美術部作品展2021.3.8

 守中美術部30人余りの作品が廊下の奥まで並ぶ。今日の受付担当は、2年生の大嶋優さんと永井咲羽さん。アートの甲子園と言われる昨年の第14回アートクラブグランプリでは、大嶋さんは入選、永井さんは佳作。「君の魅力」は、髪の毛に細かく色をのせるのが大変でした。「狐の嫁入り」は、空のグラデーションが難しくてと、それぞれに苦労を語ってくれた。展示は3/173/23

 

「旅立ちの日に」を歌いたかった2021.3.16)

 コロナ禍のもとでの卒業式は、斉唱はなく静聴。みんなで歌いたかったのは、「旅立ちの日に」と6年生はいう。♪白い光の中に山並みは萌えて/はるかな空の果てまでも君は飛び立つ/限りなく青い空に心ふるわせ/自由をかける鳥よ振り返ることもせず/勇気を翼に込めて希望の風に乗り/この広い大空に夢を託して/と、歌って聞かせてくれた。登校班9人の先頭に立ち1年間、頑張ったね! 

 
 郷州公民館教室3か月ぶりに再開2021.3.4

 春疾風に吹き飛ばされそうな昼前、指導士6人と利用者6人が郷州公民館に集合。コロナ禍のため昨年暮れから郷州公民館教室は活動休止中でしたが、今日再開しました。足の筋肉が落ちた、腹回りがきつくなったなどの会話が交わされたあと、椅子、いっぱつ、起立などの体操で体を馴らしました。207コースの西田指導士は会場を見渡す前列で先輩指導士と並んでシルリハ体操を続けました。

 
 「みずき野ひろば」に外壁アート2021.3.4

 昨年7月、物販とカフェの店舗「みずき野ひろば」がオープンし、今年1月には、高齢者の買い物支援の市公用車貸出し事業を開始するなど、みずき野地区協議会の活動はめざましい。今日は11時から、外壁のアートの完成を祝って制作にかかわった筑波大生や郷州小の子供たち、地域住民ら百人余りが店舗前で気勢を上げた。住民が主役でみずき野地区を元気にする活動に今日も元気を貰った。

 
 新人指導士を歓迎して全員で体操2021.3.3

 荒天の午後、郷州公民館に第1支部の指導士16人が集まり支部総会を開きました。207コースの西田千恵子さんを仲間に迎えて全員が自己紹介の後、星野、中谷両副支部長のリードでいっぱつ体操に歓迎の気持ちを込めてみんなで体をほぐしました。その後の議論は白熱し、全員が発言。広報、研修、ボランティア委員の補充も無事に決まり、西田さんには広報委員を引き受けていただきます。

 
 第11回ホームページ委員会開催2021.3.2

 花曇りの午後、市民活動支援センターに7人が集まりHP委員会を開催。プラザ通信の大田先生の記事をまとめて紹介したい。活動計画案にPCの勉強会を追加する。トップページの月間予定表のボタンの可否。「会員専用」パスワードは、PC、スマホとも統一したい。アクセスカウンターの表示でIPアドレスの勉強など検討。役員会に提案して総会資料に添付するなどの手順を確認しました。

 
 6年生将来の夢を英語でスピーチ2021.3.1

 3/18の卒業を前に、6年生が遊びに来た。コロナ禍で修学旅行は取り止め。代わりに校外学習でお茶会と森林公園の散歩になる。爆破予告があったからとそれも時間が減らされた。楽しいはずの学校生活が制限されたが、思い出に残ったのは、英語での3分間スピーチ。翻訳は外国人講師で挨拶は肘タッチという。中学校に行ってやりたい部活や勉強、将来の夢などスピーチを再現してくれた。

 
 公衆無線ランの設置要求に回答書2021.3.6

 要旨以下の文書回答が、福島生涯学習課長からありました。避難所や災害時のボランティア活動拠点となっている公民館もある。また、平常時でもコロナウイルス感染症予防対策のため、オンライン講座を行う場合やPC利用のリモート会議にも公衆無線ランの環境が必要になる。今後、関係機関と協議・検討を進めるが、公民館内各室での対応には、構造や規模の問題もあり時間をいただきたい。 

 

韓国で今頃の特徴的な3つの病気2021.3.6

 NHK1朝のラジオでキム・ヨンソン記者のリポートが記憶に残った。韓国では今時、3つの病気に罹る人が多いという。@春困症、A火病、B疑妻症。@は、日本の五月病に似た症状。Aは中年女性に多く発症し、怒りを抑制することで起きる症状のようだ。Bは配偶者の浮気を妄想して起きる韓国特有のストレスとのこと。そういえば、韓ドラで布団を被って寝てる女性を見ても話が合う。 

 
 昨年を振り返り来年度の活動確認2021.3.5)

 雛飾りが残る市民活動支援センターで午後、臨時役員会を開きました。各委員会を含む活動報告、会計報告、来年度の事業計画などを逐一検討。4/13の総会資料として纏めますが、コロナ禍による書面総会から1年、指導士会15年の歴史の中で、未曽有の時代を生き抜いて来た仲間たちの前向きな声を期待しています。「ぱたか36号」が完成し沢崎広報委員長から、会場で手渡されました。

 
 東日本大震災体験者が詠んだ俳句2021.3.5)

 NHKラジオ深夜便「俳句で残す震災10年」に登場した照井翠さん。釜石で大震災に遭った。「春の星こんなに人が死んだのか」「失えば失うほどに降る雪よ」「泥の底まゆのごとくにややと母」「草茂るずっと絶望していろと」「黒波のきて青波をのみにけり」「海からも海へも桜散りにけり」「佇めば誰もが墓標春の海」「会えるなら魂にでもなりたしよ」「初蛍ようよう会いに来てくれた」

 

続・1級指導士フォローアップ研修会2021.3.4

 いつもは常磐道往復のルート。今回は関鉄と常磐線。偕楽園の梅が目に浮かぶ。歩いて帰ると言ったらプラザスタッフが手を振って見送ってくれた。メディカルセンターの前を通り川の縁に下りた。水は低い方に流れて千波湖にそそぐはず。笠原水源、逆川緑地、さくら通り、近代美術館、偕楽園まで初めての道を12千歩。見ごろの紅梅、白梅。甘い香りをたっぷりと吸って無事守谷帰着です。 

 
 1級指導士フォローアップ研修会2021.3.4

 コロナ禍のため4日間に分けた研修会が健康プラザで開かれ、この日は古河、守谷など10市町から50人が参加しました。大田先生は、2/8に理学療法士協会のシルリハ体操全国交流で猿払〜宮古まで33か所、500人が参加してオンラインでエール交換がされたことを紹介。また、3級養成5日間を体験しての感想を下妻と守谷で発言。毛利、原田が4回目の1級更新修了証を受けました。(179字)

 
 活動開始に向けて真剣な意見交換2021.3.3

 県の緊急事態宣言が解除されて、ゆっくりだが3月から体操教室の活動開始です。午後、委員・班長ら指導士仲間10人と会って意見交換。全員が発言し言い足りないくらいの人もいて、顔を合わせて本音で語り合うことの大事さが分かった。また、別の仲間に近況を聞いた。夜、彼からのメールには李白の詩「月下独酌」が。自分と月と自分の影とで飲むという内容だが、今宵の月は眩しかった。

 
 HP委員がスキルアップの勉強会(20213.2

 雨と風で大荒れの午後、北守谷公民館にHP委員8人が集まって勉強会を開きました。菅野HP委員長用意の資料は、サクラサーバーPATAKA SOUKOから各自、ダウンロード。PDFファイルの結合・分割を手早くできるフリーソフトや、パソコンを便利にする動画編集やミュージックプレイヤーなどのソフトなどにも目を通しました。総会への追加資料は山田委員が担当、作成します。

守谷駅のフードコートが新装開店(20213.1

 2月中は店内改装工事で利用できなかったフードコートが今日、MORYA STATION  AVENUEの文字もまぶしくオープンした。店内は明るく、テーブルには透明の仕切り板があって席の間隔は広くコロナ対策も十分とみた。店舗はパン、牛丼、ラーメン、たこ焼き、蕎麦と変わらないが、何が、安くて、美味しいのか?一番気になる食リポは仲間の皆さんからぜひ提供してほしい。