第26回 郷州公民館まつり      
 春の訪れとともに郷州公民館まつりが、みずき野地区
 郷州公民館で開催されました。
         2020年2月15日~2月16日

 まつり始まる!

模擬店で、熱々の豚汁とぜんざいを
いただきました。
笑顔の女性たちの
おもてなしに、身も心もほっこりで朝から
満足度100
%

 
発表会10団体の幕開きは「筝風車」

7人が艶やかな着物姿で、琴の音を奏でました。


投扇興「花宴」は、投扇の優雅な遊びを参加者に
手ほどき。

指導士の菅野も体験。子どもと対戦して5:5で引き分け。

守谷折りクラブで教えているのは
松ヶ丘在住の杉田勇貴さん(22歳)。
 こちらをクリック
作品は、どれも50㎝幅の1枚の紙を折って作ったもの。
折り紙の本だけでここまでマスターしたと聞いて、
周りのお母さんたちもびっくり。
さっそく教えて~!
.........の声。

同時に開かれている作品展や体験教室も見応え充分。
こちらを
どうぞ


交流と絆結んだ郷州公民館まつり


まつり2日目
愛宕中吹奏学部30人が、メドレーで
アラジン、 ルパン
3世などを演奏。
楽器別のソロもあり、低音が高音を支えて解り易い。
  

郷州小金管クラブ28人は、小学生とは思えない演奏ぶり。

アンコール曲の校歌の指揮者を会場から募集。

始めてタクトを握った1年生を

6
年生が助けて演奏し、拍手喝采を浴びました。

 
 
指導士の田子が民舞に出演。

長崎ぶらぶら節や東京五輪音頭を踊りました。


大正琴の演奏、かっぽれの踊りもありました。


午後。控室にオレンジシャツの指導士、光田会長、
以下22人が集合。

土屋を囲んで出演前の打合せ。

挨拶:光田会長
司会:宮本
体操:鯨井、佐藤、中谷
健康紙芝居:浅沼
嚥下発声:鍋田

会場の60人が、指導士のリードで一緒に体操。
シルバーリハビリ体操が初めてという方たちが
7~8割ほど

鍋田の力強い声に会場がビックリ、すぐに、負けない
大きな声が返ってきました。
この一体感が、指導士の自信と確信に繋がりました。

 
     
 <記事・編集>  
 記事・写真 原田義徳
 スマホ編集 山田 博・黒崎映子・大山徹郎