県南地域フォローアップ研修会2019

                                     主 催 : 県南地域シルバーリハビリ体操指導士協議会
                                     実施主体 : 茨城県 茨城県立健康プラザ
                                            茨城県シルバーリハビリ体操指導士連合会


    取手市立市民会館ホールに650人が結集!
  「県南地域フォローアップ研修会2019」

大規模な土砂災害や浸水災害を齎した台風19号が過ぎて2週間
10月24日(木曜日)県南地域シルバーリハビリ体操指導士協議会主催の「県南地域フォローアップ研修会2019」が利根川堤のすぐ側にある取手市立市民会館ホールで開催されました。


「健康で、楽しく、笑顔の人生に向けて!!」
           の
目標を掲げて指導士会・3士会(PTOTST
行政など650人が結集。

時30分 実行委員集合

14
市町村指導士会の実行委員97人と県立健康プラザスタッフらが9時30分に集合、詳細打合せ。
体操実技、会場案内・整備・管理、舞台・看板、来賓案内
接待、食事関係、駐車場、会計、講演、救護、記録・写真
送迎、機動班などそれぞれの役割り分担で作業しました。

守谷市からは光田政枝会長・大森房雄・澤田勉・大山徹郎
黒澤紀雄・菅野千尋ら6人がそれぞれ準備を行いました。

13時30分 開会

光田政枝守谷市会長が総合司会。

フォローアップ研修会は14市町村の指導士615人と行政担当者
県保健福祉部、県立健康プラザ、茨城県理学療法士会など
参加者は総勢650人と発表されました。


◆力強いあいさつ
大久保勝弘県南指導士会会長、茨城県長寿福祉推進課森田達也
課長、県立健康プラザ大田仁史管理者が主催者あいさつ。
14市町村を代表して藤井信吾取手市長が歓迎の祝辞を
述べました。

大久保会長は、台風で甚大な被害が出たが
会員の被害はない。
昨年度は、教室開催43,816回、参加者延べ625,384人。
1日平均150の会場で体操が行われた。

大田先生は、皆さんの真剣なまなざしに力を感じると会場を
和ませて!!
台風被害で警戒レベル5発令。
異次元の高齢化もレベル5の状況。
自分の身は自分で守る。
健康一般についてもう少し分かってほしいと話されました。



◆講演-1

認知症施策の推進大綱と健康づくりの先進地事例について」
講師:山田修 県保健福祉部長寿福祉推進課 


健康寿命ランキング1位の山梨県の事例を紹介


◆講演-2

「人生100年時代〜あなたはどのように生きたいですか?」
講師:田中久美 筑波メディカルセンター病院副看護部長

病院での体験から認知症ケアのポイントを解り易く話されました。



◆シルバーリハビリ体操実技

講演の後、14市町村研修委員代表とロボット「たいぞうくん」が登壇。
所昭一県南研修委員長とたいぞうの楽しいやり取りで
指組み腕上げ胸反らし・猿まね体操・歩く能力を高める体操を
2代目たいぞう君と全員で行い、体を動かしました。

              


◆大会宣言
    スローガン唱和 クリックしてみて!

青木サヨ子龍ヶ崎市指導士会会長の発声に合わせて

●健康寿命の延伸と健康長寿日本一の”いばらき”を目指そう!

●高齢者が明るく元気に暮らせる社会環境を作ろう!

●行政・各種団体と連携を図り、健康づくりを展開しよう!


◆15時35分 閉会

小野澤秀人事務局長の挨拶で会を閉じました。



<守谷から参加した指導士>

大山徹郎、原田義徳、加茂下良江、原野絹子、沼口美知江
西栄子、宮本攻、小田部和夫、土屋勝美、森山まち子
鍋田清彦、安池信雄、浅沼智子、鎌田多記子、西尾陽子
吉野良子、稲葉幸子、横手ひろみ、光田政枝、朽木秀子
浦和美代子、黒崎映子、亀山敏子、新妻光郎、高橋光枝
石濱知子,保科津智子、澤田勉、須賀ひで子、鈴木範子
沢崎和子、柿木孝仁、原政江、堀口純子、小林満子、菅野政美
久保田冨美子、瀬田淑、大森房雄、吉田たえ子、黒澤紀雄
尾下きよ子、岡村文男、菅野千尋、寺田節子、飯田博子
           以上46名(順不同)

           写真・記事:大山徹郎、原田義徳
        編集:守谷市シルバーリハビリ体操指導士会
           HP委員会 大山徹郎