ご 挨 拶

 
 

人生100年時代を「シルバーリハビリ体操」で元気に・楽しく!!

 

皆様こんにちは。

こよみの上では春になりましたが、春とは名ばかりの風の寒さが身にしみる今日このごろ、お元気にお過ごしでしょうか?

最近「人生100年時代・・・・」という言葉が新聞・テレビなどでよく報道されるようになりました。現実問題として超高齢社会は着実に進んでおり65歳以上の割合が間もなく30%に達するとみられています。

人生100年時代では何よりも心身が健康であることが基本と考えます。一人暮らしの高齢者も多くなり、安心して暮らせる社会環境を望みますが、健康寿命延伸と自分の健康は自分自身で管理することも大切と思います。

私たちが取り組んでいる「シルバーリハビリ体操」は年齢をかさねても出来るだけ長く自立した生活を送り、元気で楽しい毎日を送ることが出来ることを願って「立つ・歩く・座る」などの動作がスムーズに出来るように作られた介護予防の体操です。

体操教室に参加されている方々からは「体の動きが良くなった」「筋力が回復した」「体操が楽しい」「何より皆に会えることが嬉しい」などの声をお聞きしますと、シルバーリハビリ体操が生活の一部になりつつあるように感じています。

これからも体操指導士と市民の皆様が一体となり、この介護予防の「シルバーリハビリ体操」をもっともっと普及させ「健康長寿日本一」を目指したいと思います。

私たち、守谷市シルバーリハビリ体操指導士会に引き続きご指導、ご支援を戴きます様どうぞよろしくお願い申し上げます。

                  

                  守谷市シルバーリハビリ体操指導士会
 会長  光田 政枝