ひまわりサロン
(松ヶ丘6・7丁目自治会館)
 

 松ヶ丘6・7丁目自治会館へ訪問した2020年1月27日は、
雪が降ってもおかしくない曇り空の寒い1日でした。
玄関の扉は入りやすいように開いていました。

 教室開催日は、毎週月曜日の10時半から11時45分。




 場所:守谷市松ヶ丘7-22-1

 近くにあるアクロスモール守谷(アクロスモールもりや、Across Mall Moriya)は守谷市松ケ丘6丁目、常総ふれあい道路沿いに位置しカスミ、ワンダーグー守谷店、はま寿司等が並ぶ複合型商業施設です。

 この中には結婚式場のウェディングヒルズアジュールがあります。

 
   
ひまわりサロンの由来
 小鷲体操責任者が『ひまわり』がとても好きなのでこの名前を
付けたそうです。


60歳以上の方なら参加出来ます
  見学していきませんか?

 松ヶ丘6・7丁目自治会館の玄関口に「入ってみようかな」と
思わせるような明るい看板が出ていました。
 2020年初めての出前サロンひまわりがスタートしました。
   

責任者の小鷲さん

 早くからキッチンでお湯をわかしてお茶の用意をしてください
ました。


 部屋が寒かったので2台のエアコンをフル稼働させたところ、
ブレーカーが3回も落ちて、なかなか室温が上がらない中での
暖かいお茶は美味しかったです。

 小鷲さんは、市役所から頼まれて、サロン第一号のみずき野で
体操指導を始めました。
 その後、松ヶ丘地区で近所の方を対象に松ヶ丘6・7丁目自治
会館で体操指導することになりました。
 開催は2011年4月、今年で9年目となりました。



 皆さん10時前には来館して、体操が始まる10時半までにぎやかに
おしゃべりを楽しんでいるそうです。
 お茶を飲みながら、コロナウィルスの話、中国の食の話、身長が縮ん
だなど、話題は尽きません。

   
 何時もの指導士は湯田、光田、勝村、山森、鈴木武彦の5名で体操を
行っています。

 訪問した日は第4月曜日、湯田指導士と光田指導士が担当でした。

体操の開始

 湯田指導士のリードで、上肢の指組み肘寄せから体操スタートです。
 この体操は肩関節周囲を柔らかくする運動です。
 
 踵上げ・へそ覗き

 おへそを覗き込むように顎を引き、踵を上げながら腹筋を働かす
ことがポイントです。
 
 大胸筋のストレッチ

 胸の高さで指を組み、手掌面を合わせて押し合うことで大胸筋の
強化が図られます。
 
   
 ペンギン体操

 肩を水平にしたままお尻を上げる運動で腰方形筋の強化です。
 左右のお尻を片方ずつ持ち上げ、肩は水平を保ち、骨盤を引き上げ
るようにします。この時、骨盤を引き上げる膝に力を入れます。
 腕を組んでいるのは、骨盤を引き上げたときに体が水平に保たれて
いるか物差しみたいな役目をするとか。

 簡単なように見えますが、案外難しい運動です。
   ハムストリングスのストレッチ
 
 腰痛予防として膝は軽く曲げ、足関節の力を抜いて腹部と大腿部に
近づけることがポイントです。

 ハムストリングスのストレッチ

 足が浮かないように、足元に置く台が用意されていました。


 高野地区まちづくり協議会部会長の橋口榮彦さんが別件で来館し、
体操にも参加されました。

 下肢の水平移動

 下肢を前方に伸ばし、水平移動をゆっくり行う。大腿四頭筋、
大腿筋膜張筋、中殿筋、内転筋群を使います。

 歩く能力を高める体操 

 みんなで大きな声で号令をかけながら、左右交互に膝の上げ下ろしを
することで腸腰筋が強化されます。


 膝を上げた方に上体をひねります。からだをしっかりひねることで
腹斜筋の強化が図られ左右交互に行います。
 
 発声練習
 
 嚥下体操に発声練習があります。
 大きな声をだすことことは、肺活量を増やし、嚥下に必要な筋肉も
鍛え、誤嚥を予防することができます。
 光田指導士のリードで、発声練習しました。

 みんなで声を合わせて 『ぱ』 『た』 『か』

 『 ぱ 』 は唇
 
 『 た 』 は舌

 『 か 』 は喉の奥の方を使う

 大きな声でゆっくりと発声することがポイントだそうです。

最後に記念撮影

 参加者さん6人が仲良く手をつないだり、行儀よく膝に手をそろえて
前列に。指導士2名が後列に。
 
 参加者さんは女性8名、男性2名ですが、取材に伺った日は特に
寒かったせいか、欠席者がありました。
 普段、体操しているせいか参加者の皆様、いきいきと若々しく
見えました。
 ページ編集 : 堀口 純子
 写真撮影  : 菅野 政美