指導士だより

 2019.12.19
   役員会のあと手打ちそばで忘年会

 北守谷公民館で午後、第9回本部役員会がありました。会計の執行状況と見通し、広報、研修、HP各委員会の取り組みなどを確認。16時から久保ヶ丘に移動して手作り、持ち寄りの忘年会を行いました。指導士会のそば打ち名人大森房雄の手打ちそばを堪能。また、美空ひばり・岡晴夫・三橋美智也・村田英雄・石川さゆりなどになり切った歌い手が登場して3時間。柚子を土産に帰りました。

 2019.12.19
   ◇1年の活動を振り返る!つばさ会

朝のつばさ会。冬空に「ぱたか」の幟旗が翻っていました。指導士加茂下・大山・武田。参加者11人。教室が出来て1年、何か変化がありましたかと加茂下が問いかけると、あった!の声が続き、なかでも、山内さんが、30年ぶりに一人で駅まで歩いて行けたの。感謝してますと言うと「すごーい!」みんなで喜び合いました。内田さんの3本締めで今年の活動を締めて来年は1/9からです。

   2019.12.11
   研修委員と1級指導士が打ち合せ

第4回学習会の総括と今後の学習会に向けた意見交換を午後、市役所会議室で行いました。菅野研修委員長は研修員会でまとめた感想・意見やアンケート結果などを7頁にまとめて提示。学習会では、新人の不安や疑問が出されて先輩指導士の意見も出ていいグループ活動だったと述べました。学習会と合同定例会の同日開催、第5回学習会(2/6)、来年度の学習会についても話し合いました。

  2019.12.10
   ◇1級指導士と会長ら47人が集う 2

 茨城県の指導士養成は9,113名。1万人まであと一息!シル・リハ指導士養成事業は12道県75市町村で展開していると切り出した今絵理佳講師5グループの討議は来年度からの3級養成5日制に集中。どのテーブルも活発で熱い議論が飛び交っていました。結論は3月の1級指導士交流会となりますが、プラザへの意見や質問にわかり易く答えてさわやかにさばいてくれた今さんでした。

 2019.12.10
   1級指導士と会長ら47人が集う 1

 第4回県南1級指導士交流連絡会が10時よりつくばみらい市の世代ふれあいの館で開かれました。1級指導士・各会長・県立健康プラザなど47人が参加。健康プラザ介護予防推進部の今絵理佳さんが、「シルバーリハビリ体操県内・県外における最新の情勢と1級指導士の役割」について講演。5市町が3級養成講習会の経験を発表。午後は養成講習会5日制についてグループ討議をしました。

2019.12.03

◇ビッグエコーでHP委員が忘年会

 暖かく晴れ上がった午後、ホームページ委員11人がビッグエコー守谷店に集合。いつもはPCとマウス。今日はデンモク(リモコン)とマイク。中島みゆきの「糸」を皮切りに途切れることなく歌いました。ポップや演歌で明るい農村の雰囲気も漂う中で、おじさんたちには無理だからお姉さんたちが歌いますからと紅組に押され気味の熱唱3時間。締めは学園歌で合唱。青春時代に返りました。