もう少しで10年になります   私たちの教室・サロンで~す
 大木サロン (大木農村集落センター)


  

大木サロン(大木農村集落センター)は県道58号線沿いに、守谷高校から常総運動公園方面に約500mの所です、近くにはビジネスホテル吉春があります。
 また、大木サロンの隣り合わせに大円寺があり、古くは推古天皇によって創建されたと伝えられますがはっきりした史料はないそうです。
詳しく知りたい方は下をクリックしてください。

守谷図書館/わたしたちの守谷市

 「大木」の由来は大円寺にある大きなムクノキから名づけられたと言われています。
(守谷市ホームページ
    指定文化財の紹介から)


◇ 大木サロン 責任者 石塚 シヅイ
  シルバーリハビリ体操を始めてから12年、近場の大木サロンは平成19年5月24日にオープンし、もう少しで10年になります。

 オープン当初は25名程度の利用者がいました。高齢化が進む中、現在は9名になってしまいました。 
 体操利用者は平均80歳前半、最高齢は83歳です。

 サロンは月2回の第1・3木曜日、10時から15時まで開催しています。シルバーリハビリ体操は10時から11時30分まで行います。
 午後から手芸、料理、輪投げ、市職員による出前講座等を行ってます。
 
 楽しみの一つとして昼食は炊き立てのご飯でおにぎりを作り、皆さん自慢のお新香や季節の食材で作った総菜を持ち寄って、お喋りしながら美味しくいただきます。

 これからも体操で体(身体)を動かしたり大いにお喋りしながらも手先を使う手芸で脳トレを行い元気で和やかなサロンを続けていきたいです。
 近々、カラオケ装置も入るそうで皆さん楽しみにしています。


◇ 大木サロンの1日

  12月6日(木曜日)、ホームページ委員会メンバー田子、菅野で大木サロンを取材しました。

 12月としては季節外れの暖かい日が続いていましたが、この日は朝から強い雨が降り続いたのと、急に寒さが増したこともあり参加者は4名でした
 体操を始める前に参加者全員でサロンのスケジュールについて確認をしてました。

   大木サロンの体操会場は約30畳の大きさのホールです。床、寝てする体操は同じ大きさで畳の部屋があり体操を行うには素晴らしい会場でした。
 サロンホールは暖房により適度な温度で気持ちよく体操ができました。 
 打合せの後、利用者の方からの要望もあり私が上肢、下肢の体操を行いました。
 
 普段あまり使わない筋肉を使い、どの関節をどう動かすのかを意識しながら、健康維持のため体操を頑張ってました。
 利用者さんはしっかり体操を覚えているので体操指導も楽でした、利用者さんの中に10年前に3級講習会を受講された方もおりました。

 
  このサロンの戸締まりは全員が交替で行っているそうです。その他のことは一人一人が積極的にできることを行い、全員でサロンを盛り上げているようです。自助・互助の精神だと思いました。
 
                      
 体操終了後のお楽しみは、炊きたてご飯で作る大きなおにぎり、それに自家製の総菜、ミカン等の持ち寄り、これをご馳走になりあたたか~い温もりを感じました。美味しかったです。
 ご協力ありがとうございました。


             記  事 :田子
             写真撮影:菅野